TORU MORITA OFFICIAL WEBSITE

モリーズカフェを辞めるという事

子供が産まれた事もあり、いろいろな「終わり」について、考えるようになりました。

一つの企画が起ちあがり、終わるまで。
一つの番組が始まり、終わるまで。
一つのお店が開店し、閉店するまで。
一つの命が生まれて、死ぬまで。

始まりがあれば、当然終わりもあります。

今まで「終わり」に目を向けず生きてきたのは、終わる事が「なんとなくダメ」なイメージで、私にとって怖いものだったからです。
辞めることはダメで、続けることが良いのだと、なぜか頑なに思い込んでいました。

長年抱いてきたその思い込みもあり、一度始めた事を続けることは人並みにできますが、短期間で終わらせるのが苦手です。
ゴールが見えないからなのか、計画性がなく時間を有効に使えていないと感じる事も多々ありました。

そこで、モリーズカフェの終わりを決めました。

自分的には一大決心です。笑

次回で10回目を迎えるモリーズカフェですが、20回をもって、一旦終わりにします。
20回に決めた事にはいくつか理由がありますが、今までやってきた回数を折り返しとして、同じ時間をかけてどこまで進化できるか、自分を試してみたいという思いが強くなったことがいちばんの理由です。

残りの10回で、覚悟をもってやりたい事を実践し、より良いものを提供していきたいと思っています。
美味しい料理を食べてもらいたいし、もっと喜んでもらいたい。
終わりを決めることは、見方によっては自己中心的な考えで理解し難いかもしれませんが、質の良い料理を提供してくためには、最善であると考えた結果です。

20回目を終える時までに、一皿一皿を、自分の持てる力の120%を注いで提供していこうと思います。

長くなりましたが、心機一転、ゴールに向かい始めたモリーズカフェを、今後ともとうぞよろしくお願い致します。

モリーズカフェ 森田 徹

第10回モリーズカフェ のご案内

価格と定員に変更があります。

価格:3000円 → 4000円
定員:10名様 → 6名様

今まで、9回にわたり試行錯誤しながら料理を提供してきた結果、一度に10名のお客様にクオリティの高いものを出す、という事の、物理的な限界に当たりました。

レストラン勤務の時にも感じていたのですが、スタッフの数に対してお客様の数が多くなり過ぎると、どうしても、料理を作る事が作業になってしまいます。
もっと良いものをと思う反面、スペース、人手、時間の問題など、解決できない点も多くなり、いつしか勤めていた頃と似たような感覚になっていることに気が付きました。

もっと丁寧に、真摯に、食べて頂く料理に向き合いたくて始めたはずなのに、やるべき事に追われるばかりで、小さな妥協にも目を瞑るしかない…。そんな風に、自分に嘘をつき続ける事に耐えられなくなりました。

我儘ですが、自分の料理を最も良い状態で食べて頂くための挑戦をしようと思います。